月亭方正さんの落語家転身は先輩・東野幸治のアドバイスで

公開日: 更新日:

 この番組でヘタレキャラで人気が出たんやけど、納得してたわけやないんですね。ホンマはメインでお客さんを笑わせたかった。

 でも、実力がない。それが痛いほどわかってたから「あくまでお金、生活のためや」と忸怩たる思いに蓋をしてたんです。気がついたら、それが20年。間もなく40歳になるって時に「これでエエんか」ってことが続けて3回ほどあった。

 営業のステージですわ。先にブラックマヨネーズが漫才やりまして、ドカーン、ドカーンと場内大爆笑。で、僕が出ていくと「キャー」と歓声は上がるけど、それからが続かへん。テレビネタをチョロッとやるぐらいしか芸がないんやから。次はチュートリアル。そしたらまたドカーン、ドカーン。

 さすがに落ち込んで先輩の東野幸治さんに相談したら、「そんなに悩んでるんなら、落語聴いてみたら」と。ほんでも全く興味ないから、気乗りはせんかった。半ば義務みたいな感じです。枝雀師匠のCDを聴いたのは。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る