悩む日々が楽に…桑野信義を救った志村けんの笑顔と一言

公開日: 更新日:

 ミュージシャンで“くわまん”のニックネームでも親しまれるタレントの桑野信義さん(61)。コメディアンになりたての頃は悩む日々を送った。

 ◇  ◇  ◇

「100%、力を出そうと思わなくていいよ。80%でいいの。残りの20%は万が一の不測の事態に備えて、とっておくんだよ」

 1989年の夏、下北沢の本多劇場の楽屋で「志村けん田代まさしのだいじょうぶだぁファミリー」というコントをメインにした舞台をやってた時のことです。その頃、バラエティーに行き詰まりを感じて、志村さんに「オレ、自信ないんですよ」って話したら、笑顔でこう答えてくれたんです。

「え? 130%出すつもりで頑張って、本番の時に100%出せればいいんじゃないんですか」と思わず問い返すと、「それじゃ、余裕がないでしょ。肩の力は抜いた方がいい」。その瞬間、随分気が楽になりました。「もうバラエティーから足を洗おうかな」って思ってたくらい悩んでいましたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る