雅楽師・東儀秀樹さん 宮内庁職員を辞めて後悔していない

公開日: 更新日:

 2000年、「TOGISM2」で日本レコード大賞企画賞を受賞し、一躍、注目の人になった雅楽師の東儀秀樹さん(59)。その後もCMやNHK大河ドラマ「篤姫」の出演など幅広く活躍しているが、人生を大きく変えたターニングポイントとは――。

  ◇  ◇  ◇

 雅楽師としてフリーで活動するようになったのは36歳の時。それまでは宮内庁式部職楽部で研修生として7年、楽師の職員として10年在籍していました。つまり、国家公務員だったんです。社会的な信用はピカイチですし、老後も含めて一生安泰でした。楽師として勤務しながら、細々とライブをやることもできたんです。なのに、それを捨てたわけですから、人生の大きな転機はその時ですね。

 なぜ、辞めたのかというと、一番はスケジュールの問題。

 楽師のスケジュールはたとえば“ロシアの首相の来日”とか国家の行事と関わっているので、あまり早く公にできません。ギリギリにならないと教えてもらえないのです。だから、数カ月先の個人的な演奏会のオファーが来ても予定を組めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る