雅楽師・東儀秀樹さん 宮内庁職員を辞めて後悔していない

公開日: 更新日:

 2000年、「TOGISM2」で日本レコード大賞企画賞を受賞し、一躍、注目の人になった雅楽師の東儀秀樹さん(59)。その後もCMやNHK大河ドラマ「篤姫」の出演など幅広く活躍しているが、人生を大きく変えたターニングポイントとは――。

  ◇  ◇  ◇

 雅楽師としてフリーで活動するようになったのは36歳の時。それまでは宮内庁式部職楽部で研修生として7年、楽師の職員として10年在籍していました。つまり、国家公務員だったんです。社会的な信用はピカイチですし、老後も含めて一生安泰でした。楽師として勤務しながら、細々とライブをやることもできたんです。なのに、それを捨てたわけですから、人生の大きな転機はその時ですね。

 なぜ、辞めたのかというと、一番はスケジュールの問題。

 楽師のスケジュールはたとえば“ロシアの首相の来日”とか国家の行事と関わっているので、あまり早く公にできません。ギリギリにならないと教えてもらえないのです。だから、数カ月先の個人的な演奏会のオファーが来ても予定を組めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  5. 5

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る