桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

旅番組に新時代! 人情・冒険・秘境の+αがコンセプトの鍵

公開日: 更新日:

 相変わらず街歩きや旅番組が多い。どこも同じような時期に同じような場所に行くので飽き気味だ。

 秩父に川越に銀座に戸越銀座に柴又に横浜中華街……またここかという感じで興味も失せる。

 ホンジャマカ石ちゃんの「まいう~」と書かれた似顔絵つき色紙が飾っている飲食店をどれだけ見せられたことか。本来なら、他が取材していないようなところを見つけ出してくるのがプロの仕事なのに、手間を惜しむから困ったもの。石ちゃんの色紙が飾っている店は取材禁止にしてもらいたい。

■サンドは一般家庭のお風呂に入る

 この手の番組は飽和状態ということで、最近は街+人情だったり、街+冒険だったり、なにかをプラスアルファし、オリジナリティーを加えたものが増えてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る