青沼陽一郎
著者のコラム一覧
青沼陽一郎

作家・ジャーナリスト。1968年、長野県生まれ。犯罪事件、社会事象などをテーマに、精力的にルポルタージュ作品を発表。著書に「食料植民地ニッポン」「オウム裁判傍笑記」「私が見た21の死刑判決」など。

覚醒剤逮捕はなぜ男女一緒が多いのか

公開日: 更新日:

「薬物とセックス」溝口敦著 新潮社 720円+税

 2016年も暮れようとしているが、今年はやたらと著名人の薬物犯罪が目立った。2月の清原和博の覚醒剤逮捕に始まり、6月には高知東生、10月には高樹沙耶が大麻で、11月はASKAが再逮捕。今月に入って成宮寛貴のコカイン吸引疑惑が報道され、芸能界引退を発表している。

 なぜ、彼らは違法薬物に染まっていくのか。

 本書は、その多くが男女一緒で逮捕されていることに注目。高知東生もASKAも愛人と、過去には酒井法子や小向美奈子も、夫や男と一緒に逮捕されている。これは、覚醒剤によってセックスの快楽を増進させる、俗にいう「キメセク」に使用目的があるのではないか。

 逮捕時にひとりだった清原も、内情を知る関係者が「キメセク」についてこう暴露している。

〈ローションでお尻を湿らせた後、粉末状の覚醒剤をすくい取り、自分の尻の穴にねじ込むんだ。「こうすると下に直接効くんだ。非常によく効く」と話していました。彼は私が知っていると思っていたのか、「ケツ入れしてへんの?」とびっくりされました。〉

〈「アレ(覚醒剤)を使ってセンズリしたら、止まらんようになってしもたぞ」

 見ると右の腕がパンパンに腫れていた。それでバットが振れないといって、本当に試合を欠場してしまったんです。〉

 しかしながら、暴力団など裏社会に精通する著者の追究によると、男女差があることがわかってくる。覚醒剤によって男性は射精がのびたり、困難になる一方、女性はまた違うようだ。本書には、その経験談の引用も多いが、その後の慢性中毒の実態も惨憺たるものだ。

 ASKAは先週、嫌疑不十分で不起訴処分となったが、再逮捕のきっかけは「盗撮されているので確認してほしい」という110番通報だった。盗撮や盗聴、監視を疑うのは、まさに「注察妄想」と呼ばれる薬物使用の後遺症と合致している。

 暴力団のシノギにしかならない覚醒剤。清原の逮捕時には安倍首相も「残念」と国会答弁していたように、あまりにも本人に同情、社会復帰を望む声が多く報じられた。そうした薬物犯罪に甘い日本の社会体質が根絶を困難にさせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る