溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

キメセクで乱用…「キッチンラボ」でできる覚醒剤の新製法

公開日: 更新日:

 先日、厚労省麻取の元幹部取締官と会食する機会があった。彼が言うには覚醒剤の乱用は広がる一方で発生件数が増大、取り締まり側の厚労省や警察が手に余すほどらしい。

 覚醒剤を使った上でのセックスを俗に「キメセク」というが、キメセクが原因となり、男から女に、また女から男に覚醒剤の乱用は感染しているという。

「感染」という言葉遣いに驚いたが、覚醒剤は主にキメセクを介して、病原菌のように伝染している。乱用する場面の8~9割はキメセクという。

 元取締官が覚醒剤の蔓延を憂える原因はもうひとつある。たまたまカナダは17日、大麻の所持と使用を合法化したが、日本でも覚醒剤がより蔓延化する状況があるらしい。

「覚醒剤の新しい密造法が開発され、それが徐々に日本で広まり始めている。新密造法は熱を使わない。密造の過程で加熱の必要がないんです。そのため臭いが出ず、隣近所に密造が分かりにくい。原料は風邪薬などに含まれるエフェドリンやプソイドエフェドリンを抽出して使いますが、これにより素人が気軽に覚醒剤の密造に手を出し、よりお手軽に覚醒剤を試す危険が出てきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  10. 9

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

  11. 10

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

もっと見る