井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

大統領選もひっくり返すSNSのフェイク情報を取り締まれ

公開日: 更新日:

 先日、大会組織委が「お触れ」まで出しやがった。競技場で観客(平気で高いチケット代を払えたやつら)がスマホで撮った動画を、ツイッターやフェイスブックやユーチューブに投稿してはならんとヌカした。チケット購入規約に「IOC五輪委の許可なく、インターネットに配信できません」とある。選手が写ってなくても撮った画像はIOCの著作権だという。高い放映料を払わされたテレビ局の権利を守ってやるためで、テレビで競技を見ないやつらも増えるからだ。でも、場内に入れた観客なら、ここ一番の動画を撮って世界中のテレビのない地域に拡散してやるぐらい、当然の義務だろ、違うか。「選手らを背景に自撮りした投稿ぐらい認めろ」と騒いでるやつもいる。飲食店のメニュー紹介のようなウソっぽく安っぽいインスタグラムに、撮ったやつらは必ず上げる。それを誰か他人がフェイクで拡散させる。逆にテレビ局に売り込まれるかもだ。アホな禁止事項だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

  2. 2
    和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配

    和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配

  3. 3
    中日・又吉克樹FA宣言で争奪戦必至 移籍先候補「残る球団」と「消える球団」

    中日・又吉克樹FA宣言で争奪戦必至 移籍先候補「残る球団」と「消える球団」

  4. 4
    “10万円相当給付”のムダな事務経費900億円に公明・山口代表「問題ない」の大ヒンシュク!

    “10万円相当給付”のムダな事務経費900億円に公明・山口代表「問題ない」の大ヒンシュク!

  5. 5
    秋篠宮さま「相当ひどいことが書いてある」…誕生日会見で明かした“ネット書き込み”閲覧の苦悩

    秋篠宮さま「相当ひどいことが書いてある」…誕生日会見で明かした“ネット書き込み”閲覧の苦悩

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

  3. 8
    オミクロン株の猛烈感染力、しかも空気感染する可能性 空港ザル検疫すり抜けすでに日本上陸か

    オミクロン株の猛烈感染力、しかも空気感染する可能性 空港ザル検疫すり抜けすでに日本上陸か

  4. 9
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  5. 10
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声