井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

選挙カーで一体何を…うるさい選挙よ、早く終ってくれ

公開日: 更新日:

 統一地方選挙とやらが行われている。選挙カーがうるさい。迷惑だ。実は、議員を選んで立てる間接選挙の政治なんて、40年間信用していない。我らの意見をどこまで代表するか知らないが、いくら張り切って行政をやりますと叫んでも、議会での「多数決」という、反対派や少数派にとってはどうしようもない理不尽な制度に、結局は押し切られてしまうからだ。だから、少数派の意見を尊重する民主主義の本質とは相いれないし、そんな代議士を選ぶ制度自体、昔から納得がいかない。

 成人になってすぐ、一度だけ故郷の市議選に出た生コン業を営んでいた中学の同級生のために一票を投じて以来、一度も市議選も衆議院も参議院も、信用ならない代議員を選ぶ「選挙」に出向いたことがない。そんなのダメじゃないかとは言われたくはない。選挙に行くのは義務と憲法には書いていない。選挙を拒否する個人の信条の自由の方が断然、大事なことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る