布施博さんが振り返る 団地で過ごした古き良き昭和時代

公開日: 更新日:

 舞台俳優を皮切りにトレンディードラマでブレークし、その後はバラエティーでも活躍中の布施博さん(60)。だが、幼少期はまったくオシャレとは無縁、今だから話せる貧乏ストーリーがあった……。

 ◇  ◇  ◇

 幼い頃の記憶でおぼろげに覚えているのが、おふくろに手を引かれて朝早くに八百屋へ行ったことです。目的は大根。買うんじゃないんです。切り落とした葉の部分をタダでもらいに行く。だから用があるのは表じゃなく店の裏手(笑い)。

 それを抱えて帰りは豆腐屋さんへ。といっても豆腐じゃないですよ。オカラです。こっちは買うんですけど、丼にテンコ盛りにしてもらって確か10円でした。これが週に何回かあって、オカラはほぼ毎日、食事に出てきたね。今でもオカラ料理を見ると、その頃のことがふとまぶたに浮かびますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る