「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

公開日: 更新日:

 視聴率こそ振るわなかったが、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で主人公の金栗四三(中村勘九郎=37)の妻役を好演した綾瀬はるか(34)の次回作に、早くも注目が集まっている。

 というのも、綾瀬の「いだてん」終了後のスケジュールをめぐり、日本テレビとTBSが水面下で激しい綱引きをしてきたためだ。

 日テレは2017年10月期にオンエアして最高視聴率14.5%をマークした連ドラ「奥様は、取り扱い注意」の続編を企画し、夫役は前回に引き続き、西島秀俊(48)をキャスティングしようとしていると言われている。

 一方のTBSは、昨年7月期に放送し最終回に最高視聴率19.2%を記録した「義母と娘のブルース」の第2弾の準備を進めてきたという。

 果たして、どちらが綾瀬をおさえることができるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る