30年前のジブリ映画「となりのトトロ」が中国でウケる理由

公開日: 更新日:

 日本で30年前に劇場公開されたジブリ映画「となりのトトロ」が中国で大反響を呼んでいる。今月、中国で初めて劇場公開されると、3日間で興行収入15億円を突破した。日本国内の2018年の興収ランキングでいえば、35位にランクインする数字をたたき出したことになる。

 そもそも、なぜ30年前の作品が中国で上映され、人気を博しているのか。

 中国人ジャーナリストの周来友氏が言う。

「中国では外国映画の上映本数に制限があるので、日本のアニメは中国でほとんど公開されてきませんでした。しかし、海賊版などで日本映画、特にアニメは以前から広く知られています。ジブリは人気で三鷹の森ジブリ美術館は中国人観光客の“聖地”になるほど。30年前のジブリ作品を上映したのは、中国では馴染みのない新作よりも抜群の知名度と人気がある『トトロ』の方が収益が見込めると判断されたからでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  5. 5

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  9. 9

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  10. 10

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

もっと見る