城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

吉本社長“グダグダ会見”は甘すぎる危機管理と準備不足が仇

公開日: 更新日:

 芸人の闇営業問題を通り越し、今や芸人6000人を抱える大手芸能プロ、吉本興業が、この先どうなってしまうのかという問題にまで発展している。闇営業にかかわっていた雨上がり決死隊・宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)が謝罪会見の中で、早期会見を望んでいたのに会社に止められていたこと、その際、「辞めて会見したらいい。それなら全員クビにする」というパワハラと取られる発言があったと明かした。そのため、岡本昭彦社長(52)が記者会見せざるを得ない状況となってしまった。

 この会見、誰が見ても“大失敗”だった。何しろ、5時間半に及ぶ“長講”で、途中、10分程度の休憩を取ったのだが、その時から300人ほど集まっていたマスコミの2~3割がゾロゾロと引き揚げていった。トク落ちを警戒するマスコミの常道としては珍しい。それほどグズグズで内容が分かりにくく、同じことの繰り返しだった。これは、ハッキリ、吉本興業のイメージダウンとしか言いようがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る