城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

吉本社長“グダグダ会見”は甘すぎる危機管理と準備不足が仇

公開日: 更新日:

 芸人の闇営業問題を通り越し、今や芸人6000人を抱える大手芸能プロ、吉本興業が、この先どうなってしまうのかという問題にまで発展している。闇営業にかかわっていた雨上がり決死隊・宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)が謝罪会見の中で、早期会見を望んでいたのに会社に止められていたこと、その際、「辞めて会見したらいい。それなら全員クビにする」というパワハラと取られる発言があったと明かした。そのため、岡本昭彦社長(52)が記者会見せざるを得ない状況となってしまった。

 この会見、誰が見ても“大失敗”だった。何しろ、5時間半に及ぶ“長講”で、途中、10分程度の休憩を取ったのだが、その時から300人ほど集まっていたマスコミの2~3割がゾロゾロと引き揚げていった。トク落ちを警戒するマスコミの常道としては珍しい。それほどグズグズで内容が分かりにくく、同じことの繰り返しだった。これは、ハッキリ、吉本興業のイメージダウンとしか言いようがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る