城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

若山富三郎と清水圭で考えた 芸能人に対する“怒りの沸点”

公開日: 更新日:

 先日、“古き良き時代”の映画俳優の話になり、僕は亡くなった若山富三郎さん(1992年、62歳没)の話をした。

 若山さんの主演映画の製作が続いていた頃のことだ。新しい映画の撮影初日、控室に入っていたところへ、プロデューサーとスタッフが新人女優を連れてやってきて、「今回のお相手の女優さんです」と紹介した。その女優も「〇〇です。よろしくお願いします」と挨拶した。

 すると若山さん、「ああ、ちょっとおいで」とその女優の手を取り、部屋を出ると撮影所の建物をそのまま出て、自分の車でどこかへ行ってしまった。これを見送ったプロデューサーとスタッフは「今日は撮影にならんな。撮休や、撮休とみんなに伝えてくれ」と、さも当然といった具合だったという。

 この手の話は、昔はちょくちょくあったそうだが、現在ではセクハラ、パワハラだと大騒動になるだろう。その新人女優も若山さんのことを憎からず思っていたから付いていったのだろうが、それでも周囲で見た人間が大騒ぎしているはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る