城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

若山富三郎と清水圭で考えた 芸能人に対する“怒りの沸点”

公開日: 更新日:

 先日、“古き良き時代”の映画俳優の話になり、僕は亡くなった若山富三郎さん(1992年、62歳没)の話をした。

 若山さんの主演映画の製作が続いていた頃のことだ。新しい映画の撮影初日、控室に入っていたところへ、プロデューサーとスタッフが新人女優を連れてやってきて、「今回のお相手の女優さんです」と紹介した。その女優も「〇〇です。よろしくお願いします」と挨拶した。

 すると若山さん、「ああ、ちょっとおいで」とその女優の手を取り、部屋を出ると撮影所の建物をそのまま出て、自分の車でどこかへ行ってしまった。これを見送ったプロデューサーとスタッフは「今日は撮影にならんな。撮休や、撮休とみんなに伝えてくれ」と、さも当然といった具合だったという。

 この手の話は、昔はちょくちょくあったそうだが、現在ではセクハラ、パワハラだと大騒動になるだろう。その新人女優も若山さんのことを憎からず思っていたから付いていったのだろうが、それでも周囲で見た人間が大騒ぎしているはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る