吉本社長批判のブログこっそり削除…清水圭の悪評と人間性

公開日: 更新日:

 宮迫やロンブー亮らの闇営業騒動が、吉本の岡本社長によるパワハラ問題に発展。そこに突然ベテランの清水圭(58)も参戦して話題だ。

 過去に仕事を巡るトラブルの際に、岡本社長から「文句があるなら、いつ辞めてもらってもいい」と恫喝されたことがあるとブログで暴露したのである。

 恫喝が事実なら問題だが、実は清水の仕事への姿勢について以前から吉本は手を焼いていたという。週刊誌のスポーツ担当編集者がこう振り返る。

「以前にサッカー通の芸人を呼ぶ企画があり、吉本さんに第1希望は明石家さんまさん、スケジュールNGならナインティナインのどちらかでとオーダーしたんです。こちらはナイナイもNGだった場合には、他の事務所の芸人へ頼むつもりだったのですが返事が全然なく、締め切り寸前になってさんまさんもナイナイもダメだが清水圭ならOKだと。もう他事務所に依頼する時間もないので清水さんに取材したのですが、現場に来た清水さんは不機嫌そのもの。なんで俺がこんな仕事を……といった態度が見え見え。途中からは週刊誌の張り込みのノウハウを教えろとか、今回、協力したんだから今後は俺は追い掛けるなとか言われる始末。スポーツと張り込みは担当が別なのでどうにもできませんと伝えても、どうにかしろの一点張り。後日、さすがにマネジャーにクレームを入れましたよ」

 依頼が来た仕事を他事務所へ回さないために時間稼ぎをした吉本もセコいが、清水のような態度なら事務所からお灸を据えられても当然。社長を批判したブログもこっそり削除するくらいだから、パワハラうんぬんの前に人間性の問題か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚