城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

“闇営業”の法律的・道義的な線引きをハッキリさせよう?

公開日: 更新日:

 闇営業問題が継続的に、また社会問題として大きく報じられている。芸人の契約解除や謹慎処分が続き、無期限という厳しいものまで出ている状況だ。

 この先、どれだけ問題が拡大するのか想像もできないが、闇営業と呼ばれる仕事は多く、法律的・道義的な「線引き」を今ここでハッキリ確認しておかなければいけない。

 まず、闇営業が反社会的勢力に関わるものなのか、それとも単に知り合いから頼まれて内緒で営業するものかで負う責任は大きく違う。

 例えば、知人の結婚式の司会を引き受け、格安のギャラであれば、事務所に報告しなくてもいいと考える芸人がいてもおかしくはない。事務所側とすれば、契約違反で本人を叱りつけるところだが、これはタレントと事務所の揉め事であり、当事者間で解決すればいい。

 では、営業先が反社会的勢力で金銭が手渡されていたとすればどうか。当然ながら、それと知って出掛けていくタレントは今はいないだろう。謹慎中の宮迫博之も同様だと考えられる。ふた昔くらい前にはヤクザ映画の主演級が暴力団の行事に参加するといった噂は耳にした。もう時効だから話すが、若山富三郎さんが東北の親分の襲名式に“見届け人”として出席したこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  4. 4

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る