「激動の昭和史 沖縄決戦」沖縄の悲劇を弁証法的に考える

公開日: 更新日:

1971年 岡本喜八監督

 監督は「日本のいちばん長い日」の岡本喜八、脚本は新藤兼人が担当。1945年3~6月の沖縄の死闘を描く。

 44年7月、米軍はサイパン島を陥落させ、日本の喉元に匕首(あいくち)を突きつけた。大本営は敵が沖縄を攻撃すると読んで兵力を投入。第32軍の10万人が迎え撃つこととなった。ここに米軍が1500隻の大艦隊で攻撃してくる。島の全域で繰り広げられた血みどろの戦闘を、お涙ちょうだいのドラマ性を薄め、ドキュメンタリーのように再現。民間人と兵士が大量に殺される。

 主軸は牛島中将(小林桂樹)と長参謀長(丹波哲郎)、八原高級参謀(仲代達矢)の作戦会議だ。長は総攻撃を主張し、八原は持久戦を言い張る。牛島はその意見に耳を傾けるが、総攻撃は再三中止に。やがて参謀本部のある首里に敵が迫り、兵は県民が避難した南部に移動。そのため民間人が巻き添えになる。県民は国のために死ぬよう洗脳され、ひめゆり部隊や鉄血勤皇隊が犠牲に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る