• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ミッドウェイ」勝つはずのミッドウェー海戦でなぜ負けた

1976年 ジャック・スマイト監督

 太平洋戦争の分岐点となった海戦を描く。

 真珠湾攻撃でダメージを受けた米海軍は、次の日本の標的がどこなのかを探っていた。ニミッツ大将(ヘンリー・フォンダ)は日本軍がミッドウェー島を狙っているとの情報を得る。

 一方、連合艦隊司令長官・山本五十六(三船敏郎)はミッドウェー島攻撃を決行するよう軍司令部を説得。42年6月、山本の命令を受けた南雲忠一中将は米軍をしのぐ戦力で爆撃を開始するが、敵の指揮官スプルーアンスに待ち伏せされるのだった。

 ミッドウェー海戦を盛り込んだ邦画は日本軍のみの視点だが、本作は日米の同時進行。そのため米軍の用意周到ぶりが分かる。ニセ電報を日本軍につかませて敵の攻撃目標を察知。それでも「日本軍の陽動作戦ではないか」と疑う。戦闘ではしつこいほど索敵機を出動させる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る