「戦争と人間 完結編」 銃撃、強姦…理不尽な日本軍の蛮行

公開日: 更新日:

1973年 山本薩夫監督

 1928年の張作霖爆殺事件から満州事変、日中戦争を描く3部作の完結編。

 37年7月、盧溝橋の武力衝突で日中戦争が勃発。日本軍は南京に攻め込み、捕虜と民間人を殺害した。そんな中、国内では伍代産業の娘・順子(吉永小百合)が反戦活動家の標耕平(山本圭)と結婚。標は召集されて入営する。

 一方、順子の兄・俊介(北大路欣也)は軍需を手掛ける伍代産業の満州支社に赴任。陸軍幹部らにソ連の軍事力には勝てないと語ったため、仲間の田島とともに投獄されてしまう。厳しい拷問を受ける田島。俊介は無傷で釈放されるが、軍隊に取られ、前線に送られる。耕平は中国の小さな村で幼女を射殺しろと命じられ、俊介はノモンハンに駆り出されるのだった。

 貧しい生い立ちの標とブルジョアの俊介が軍隊で辛酸をなめる。とくに悲惨なのが耕平で、上官の暴力を批判したため顔が変形するほど軍靴で殴打され、中国人捕虜の刺殺を拒否して銃床で殴られる。軍の蛮行は制裁だけではない。村への襲撃では大人も子供も容赦なく撃ち殺し、女性は衣服をはぎ取り、寄ってたかってレイプする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る