「戦争と人間 完結編」 銃撃、強姦…理不尽な日本軍の蛮行

公開日: 更新日:

1973年 山本薩夫監督

 1928年の張作霖爆殺事件から満州事変、日中戦争を描く3部作の完結編。

 37年7月、盧溝橋の武力衝突で日中戦争が勃発。日本軍は南京に攻め込み、捕虜と民間人を殺害した。そんな中、国内では伍代産業の娘・順子(吉永小百合)が反戦活動家の標耕平(山本圭)と結婚。標は召集されて入営する。

 一方、順子の兄・俊介(北大路欣也)は軍需を手掛ける伍代産業の満州支社に赴任。陸軍幹部らにソ連の軍事力には勝てないと語ったため、仲間の田島とともに投獄されてしまう。厳しい拷問を受ける田島。俊介は無傷で釈放されるが、軍隊に取られ、前線に送られる。耕平は中国の小さな村で幼女を射殺しろと命じられ、俊介はノモンハンに駆り出されるのだった。

 貧しい生い立ちの標とブルジョアの俊介が軍隊で辛酸をなめる。とくに悲惨なのが耕平で、上官の暴力を批判したため顔が変形するほど軍靴で殴打され、中国人捕虜の刺殺を拒否して銃床で殴られる。軍の蛮行は制裁だけではない。村への襲撃では大人も子供も容赦なく撃ち殺し、女性は衣服をはぎ取り、寄ってたかってレイプする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  10. 10

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る