「少年H」水谷豊演じる主人公の父が子に諭す戦争の愚かさ

公開日: 更新日:

2013年 降旗康男監督

 先日亡くなった降旗康男監督(享年84)の代表作のひとつ。戦中・戦後の世相を描いた。

 1941年、神戸に住む小学生のH(吉岡竜輝)は仕立屋の父・盛夫(水谷豊)と家族4人で暮らしている。世間は戦争色が濃くなり、逮捕者や自殺者が続出。盛夫も特高警察に連行される。

 中学に上がると、学校は軍人が支配する世界で、「天皇陛下のおんために命を捧げよ」と叩き込まれる。爆弾を背負って敵の戦車に突進する訓練を受け、教官に意見すれば鉄拳制裁だ。やがて戦況が悪化し、爆撃で街を焼かれるのだった……。

 盛夫は他人を責めず正直に生きるクリスチャン。逃げてきたユダヤ人の洋服をこっそり修理してやる。だが息子が米国の絵はがきを持っているだけでスパイ容疑で特高の拷問を受ける。

 子供は天皇の写真と教育勅語を納めた奉安殿に敬礼しなければならない。クリスチャンは徴兵されて危険な最前線に送られる。Hがなついていたうどん屋の兄ちゃん(小栗旬)は共産主義運動で逮捕。元役者(早乙女太一)は召集されて自殺する。彼の暗い顔が出征兵士の心情を表している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る