「レイルウェイ 運命の旅路」拷問を描いた“反日”映画か?

公開日: 更新日:

2013年 ジョナサン・テプリツキー監督

 第2次大戦中、日本軍の捕虜になった英国人の苦悩を描く。主人公のE・ローマクスの実体験を映画化した。

 1988年、退役軍人のローマクス(コリン・ファース)は看護師のパティ(ニコール・キッドマン)と結婚。新婚生活を始めるが、彼には“持病”があった。若いころの恐怖体験のせいで絶叫し乱暴なふるまいをしてしまうのだ。パティが元戦友のフィンレイに何があったかを聞くと彼は重い口を開く。

 大戦中の42年、ローマクスらは日本軍の捕虜になり、タイとビルマを結ぶ泰緬鉄道の建設を手伝わされた。絶望的な日々の中、ローマクスはラジオを作製。ドイツ敗戦のニュースに希望を見いだす。ところが日本の憲兵にラジオを発見され、スパイ容疑で厳しい尋問を受ける。戦争は終わったが、あのときの憲兵隊員を忘れられないのだ。

 そんなおり彼はフィンレイから、その憲兵が永瀬という名で、あの建設現場にいると知らされ、「復讐しろ」と助言されるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る