「レイルウェイ 運命の旅路」拷問を描いた“反日”映画か?

公開日: 更新日:

2013年 ジョナサン・テプリツキー監督

 第2次大戦中、日本軍の捕虜になった英国人の苦悩を描く。主人公のE・ローマクスの実体験を映画化した。

 1988年、退役軍人のローマクス(コリン・ファース)は看護師のパティ(ニコール・キッドマン)と結婚。新婚生活を始めるが、彼には“持病”があった。若いころの恐怖体験のせいで絶叫し乱暴なふるまいをしてしまうのだ。パティが元戦友のフィンレイに何があったかを聞くと彼は重い口を開く。

 大戦中の42年、ローマクスらは日本軍の捕虜になり、タイとビルマを結ぶ泰緬鉄道の建設を手伝わされた。絶望的な日々の中、ローマクスはラジオを作製。ドイツ敗戦のニュースに希望を見いだす。ところが日本の憲兵にラジオを発見され、スパイ容疑で厳しい尋問を受ける。戦争は終わったが、あのときの憲兵隊員を忘れられないのだ。

 そんなおり彼はフィンレイから、その憲兵が永瀬という名で、あの建設現場にいると知らされ、「復讐しろ」と助言されるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る