井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

歴史は戦争が作ってきた。でも、戦争は悲惨しか残らない

公開日: 更新日:

 今日は、長崎にも原爆が落とされた日だ。過日の広島の記念式典に出席した安倍首相は黙とうしながらも、「さて、ホルムズ海峡の守りはどうしたもんかな、自衛隊の艦艇を向かわせて参加させるしかないのか」と1人で悩んでるような顔つきだった。まさか“うちの国もそのうち小型の核でも持った方がいいかな”とバカなことを思っていたんじゃないだろうな。憲法を分かっていない古参の議員や若手議員の中には平気で核武装を唱えそうな愚か者も何人かいそうだ。だから、この国の未来はほんとに油断ならない。おまけに、落とされた当の国が保有も使用も許さない核兵器禁止条約にいまだ賛同の署名も批准も何もしていないありさまだ……どこまで情けない国なんだ。あの首相は今年も「二度と過ちは繰り返しません」の碑を前に、あの仏頂面で一体、何を祈っていたのか。小学生でも不可解に思うだろう。核は要るのか要らないのか、あの場面こそ、偽善だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る