井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

歴史は戦争が作ってきた。でも、戦争は悲惨しか残らない

公開日: 更新日:

 今日は、長崎にも原爆が落とされた日だ。過日の広島の記念式典に出席した安倍首相は黙とうしながらも、「さて、ホルムズ海峡の守りはどうしたもんかな、自衛隊の艦艇を向かわせて参加させるしかないのか」と1人で悩んでるような顔つきだった。まさか“うちの国もそのうち小型の核でも持った方がいいかな”とバカなことを思っていたんじゃないだろうな。憲法を分かっていない古参の議員や若手議員の中には平気で核武装を唱えそうな愚か者も何人かいそうだ。だから、この国の未来はほんとに油断ならない。おまけに、落とされた当の国が保有も使用も許さない核兵器禁止条約にいまだ賛同の署名も批准も何もしていないありさまだ……どこまで情けない国なんだ。あの首相は今年も「二度と過ちは繰り返しません」の碑を前に、あの仏頂面で一体、何を祈っていたのか。小学生でも不可解に思うだろう。核は要るのか要らないのか、あの場面こそ、偽善だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る