井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

衆愚政治のどん底で我々には大声で笑い合える日が来るのか

公開日: 更新日:

 もう鳴りは収まったのか? あの吉本興業の内輪の騒ぎはほんとにくだらないな。上方(畿内)から、ロクなもの(昆布や醤油や食べ物)が江戸に下っていかないことから、それらを「くだらない」と呼んだそうだ。とにかく、芸人は芸見せてナンボやろ。演芸以前のくだらないものなんて届けてほしくもないな。ああー至芸が懐かしいよ。夢路いとし・喜味こいし、中田ダイマル・ラケット師匠、漫画トリオ、ついでに人生幸朗・生恵幸子のボヤキ漫才や横山やっさんたちの上方らしい、ホンモノの芸人の声を聞きながら、このクソ暑いの忘れて、ゆっくり昼寝したくなったよ。

 それより、今、映画を画策している。今年の初めにも、年頭の抱負で書いたんだけど(いやー、抱負や夢なんて今までロクに実現したためしがないし、正月早々から、何をクダラナいことを考えてたんだろと、お盆頃になっていつも呆れるんだが……)、しかし、いよいよ、その企画をちゃんと進めようと思ってるとこなんだ。それは、冒険活劇「下駄の上の卵」という井上ひさしさんの原作だ。無論映像化権は頂いている。後はカメラで撮って、世界中に見せたいわけだ。舞台は日本、山形の田舎町と焼け跡の東京だ。時は1946年(つまり、敗戦の翌年昭和21年)の米軍政下で、皇居前のGHQ本部でマッカーサー元帥が「オレは天皇に挨拶されて、お助けした仲なんだぞ」なんて威張りながら、コーンパイプをふかせていた頃。といってもそんな光景どころか周りの風景のかけらも残っていないし、覚えている人も僅少の74年前の幻影だ。その幻影を撮りたいのだ。軍政下であろうと日本人はアメリカからの覚えたての民主主義という新しいルールに、いちいち頭をひねりながら、さあ、これからどんな社会を目指せばいいのかとその「理想」に向けて、大人も子供も手探りで今日一日を生きていく話なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る