井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

衆愚政治のどん底で我々には大声で笑い合える日が来るのか

公開日: 更新日:

 もう鳴りは収まったのか? あの吉本興業の内輪の騒ぎはほんとにくだらないな。上方(畿内)から、ロクなもの(昆布や醤油や食べ物)が江戸に下っていかないことから、それらを「くだらない」と呼んだそうだ。とにかく、芸人は芸見せてナンボやろ。演芸以前のくだらないものなんて届けてほしくもないな。ああー至芸が懐かしいよ。夢路いとし・喜味こいし、中田ダイマル・ラケット師匠、漫画トリオ、ついでに人生幸朗・生恵幸子のボヤキ漫才や横山やっさんたちの上方らしい、ホンモノの芸人の声を聞きながら、このクソ暑いの忘れて、ゆっくり昼寝したくなったよ。

 それより、今、映画を画策している。今年の初めにも、年頭の抱負で書いたんだけど(いやー、抱負や夢なんて今までロクに実現したためしがないし、正月早々から、何をクダラナいことを考えてたんだろと、お盆頃になっていつも呆れるんだが……)、しかし、いよいよ、その企画をちゃんと進めようと思ってるとこなんだ。それは、冒険活劇「下駄の上の卵」という井上ひさしさんの原作だ。無論映像化権は頂いている。後はカメラで撮って、世界中に見せたいわけだ。舞台は日本、山形の田舎町と焼け跡の東京だ。時は1946年(つまり、敗戦の翌年昭和21年)の米軍政下で、皇居前のGHQ本部でマッカーサー元帥が「オレは天皇に挨拶されて、お助けした仲なんだぞ」なんて威張りながら、コーンパイプをふかせていた頃。といってもそんな光景どころか周りの風景のかけらも残っていないし、覚えている人も僅少の74年前の幻影だ。その幻影を撮りたいのだ。軍政下であろうと日本人はアメリカからの覚えたての民主主義という新しいルールに、いちいち頭をひねりながら、さあ、これからどんな社会を目指せばいいのかとその「理想」に向けて、大人も子供も手探りで今日一日を生きていく話なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る