井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

政治こそが余裕もカネもない「格差」を生んでいる

公開日: 更新日:

 喫茶店に入っても隅のテレビは、吉本の社長がどうの、ミヤサコがどうの、ほんとにうるさい限り。どこのワイドショーも弁護士まで担ぎ出して、ここぞとばかり皆でヤジ馬裁判所を開いている。あの会社と芸人のやりとりや裏の内情なんか誰も分かってないのにビービーガーガー。同じヤツの顔の画面ばっかり、面白くも何ともないので席を立った。そんなに日本中が見たがっているのか? もっと他に報じることがないのかと思う。

 参議院選挙の方は、時給も上がらないしと諦めた若者たちには不人気なまま終わった。憲法改正(いや、改変か改ざんだろうが)や自衛隊に興味も人気もないから、自民党は票を失ってしまい、かろうじて、赤いバラをつけて作り笑顔で答えていたようだ。自公が公言していた、何がどう安定するのか分からない「安定の政治」がこの先、本当に続くとは思われない。

 親子や夫婦の殺人事件がまるで流行のように起きている。日頃の不平不満を舌打ちだけで済ますか、SNSにつぶやくだけが趣味になった若者や、非正規のままでコンビニだけがオアシスの人間や、引きこもり中年が何千万人もいる。バブルの崩壊も知らないロスト世代の代表みたいな男は「もう余裕ないんだ」と何百キロ先に出かけて行ってガソリン放火した。スマホでスカートの中を盗撮しないと今日が始まらないような顔の変態男もやたらに増えた。何万個に1個ぐらい壊れた不良品は元からいるからなんて話じゃないぞ。政治こそが余裕もカネもない格差を生んでるからだ。明日、どんな犯罪が起こるやら気が気でない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る