globeに再始動報道 引退会見した小室哲哉に復帰の可能性は

公開日: 更新日:

 ボーカルのKEIKO(47)が2011年にくも膜下出血で倒れてから活動休止状態になっているglobeが、デビュー25周年を迎える20年に再始動するかもしれない。発売中の「女性自身」(9月3日号)によると、KEIKOのリハビリは順調で歌手復帰への思いを強めているという。

 そこで気になるのは夫で音楽プロデューサーの小室哲哉(60)の今後だ。女性看護師との不倫疑惑を報じられた小室は、昨年1月、騒動の責任をとる形で表舞台からの引退を会見で表明。その際、自らの才能の枯渇を認め、体調不良も明かした。

 芸能評論家の佐々木博之氏が言う。

「小室さんの引退理由は“不倫疑惑が報じられたため”と世間は捉えていますが、改めて振り返ると、あの会見の時、小室さんは『曲が作れなくなって、何年も前から引退を考えていた』と答えています。つまり才能が枯渇してしまったということです。本来の引退の理由をうまく不倫疑惑の禊にすり替えたわけですが、時間が経てば創作意欲が復活することもあるでしょう。そのときは復帰も十分に考えられます。今年、伊藤蘭がキャンディーズ解散以来、41年ぶりの歌手活動再開を発表しましたが、他にも都はるみや森昌子のように、引退を撤回した芸能人はたくさんいます。芸能人は浴びた光が強ければ強いほど、また光を求めてしまうものなのです」

 その点、作曲家・編曲家・作詞家として小室が浴びた輝かしい光はまぶしすぎる。復帰を待ち望んでいるファンもいるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る