globeに再始動報道 引退会見した小室哲哉に復帰の可能性は

公開日: 更新日:

 ボーカルのKEIKO(47)が2011年にくも膜下出血で倒れてから活動休止状態になっているglobeが、デビュー25周年を迎える20年に再始動するかもしれない。発売中の「女性自身」(9月3日号)によると、KEIKOのリハビリは順調で歌手復帰への思いを強めているという。

 そこで気になるのは夫で音楽プロデューサーの小室哲哉(60)の今後だ。女性看護師との不倫疑惑を報じられた小室は、昨年1月、騒動の責任をとる形で表舞台からの引退を会見で表明。その際、自らの才能の枯渇を認め、体調不良も明かした。

 芸能評論家の佐々木博之氏が言う。

「小室さんの引退理由は“不倫疑惑が報じられたため”と世間は捉えていますが、改めて振り返ると、あの会見の時、小室さんは『曲が作れなくなって、何年も前から引退を考えていた』と答えています。つまり才能が枯渇してしまったということです。本来の引退の理由をうまく不倫疑惑の禊にすり替えたわけですが、時間が経てば創作意欲が復活することもあるでしょう。そのときは復帰も十分に考えられます。今年、伊藤蘭がキャンディーズ解散以来、41年ぶりの歌手活動再開を発表しましたが、他にも都はるみや森昌子のように、引退を撤回した芸能人はたくさんいます。芸能人は浴びた光が強ければ強いほど、また光を求めてしまうものなのです」

 その点、作曲家・編曲家・作詞家として小室が浴びた輝かしい光はまぶしすぎる。復帰を待ち望んでいるファンもいるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る