井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

田中角栄のような分かりやすい政治屋がいないのが問題だ

公開日: 更新日:

 いやはや、分からないことだらけだ。どんな仕事をしてるのかよく知らない滝川クリステルの婿になった、どんな政治に首をつっ込んでるのか知らない小泉進次郎が「育児休暇を取ります」と言ってるのが、なんでニュースになるのか。

 国民よ、見習えっていうことか。交際男が子に暴行するのを見て見ぬふりして、自分の産んだ子なのにかばいもせず死なせてしまう女がいるのも分からないが、そんな“異常カップル”を増やさないための「子育て民主主義夫婦」の推奨キャンペーンか。

 さらに分からないのは、アベ首相が今頃になってから「経産大臣がホワイト国からの外しは、徴用工の請求権問題と関係ない」と言ってたのに、結局は「悪化した日韓関係は戦時中の徴用工の解決が先だ、それに尽きます」と言い出したことだ。おまけに「1965年からの国同士の約束だからしっかり守ってもらいたい」と同じことを繰り返すだけ。それじゃ、また責任のなすり合いに戻ってしまうだけだ。バカ同士が歩み寄りしないなら解決しないだろが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る