やたらと“最後”を強調…矢沢永吉の密着番組が意味するもの

公開日: 更新日:

“キング・オブ・ロック”矢沢永吉も今年で70歳に。24日にNHKで放送された「ドキュメント矢沢永吉~70歳最後のレコーディング~」では9月4日発売のニューアルバム「いつか、その日が来る日まで…」のロサンゼルスでのレコーディングに密着した。

 通訳なし、マネジャーなし。

「今日、久しぶりに右側運転だからさ、これは本当に気を付けないとな」と自ら運転してスタジオに向かった。そして凄腕ミュージシャン相手に「矢沢が求める音」をつくり上げる過程をカメラが映し出した。

「今からチェック(小切手)切るのよ。矢沢ってさ、一人でずっとやってきてるんだよね。こうやって、チェックブック持ってさ」。合間にハーレーに乗って仲間とツーリング。所有するクルーザーでのインタビューも興味深かった。

「『最後のアルバムにしようと思ってる。本当に冗談抜きで。このニューアルバムは僕の人生において最後になると思うけど』とか『山口百恵さんみたいに俺もマイクをクッと置く時が来るのかなと』とやたら“最後”を強調していました。『ミュージックステーション』にも初出演し、プロモーションにも熱心。矢沢といえどもCDを出せば売れる時代ではないことをわかっているのでしょう」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る