井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

映画で心を豊かに 国会議員なんて映画知らないんだろうな

公開日: 更新日:

 アフガンじゃまた民間人が何十人も殺され、サウジの石油タンクは攻撃され、世界の戦争はやまない。日本じゃ薄っぺらな青二才議員が「もう戦争するしかないです」と軽口をたたく始末。議員をクビにならないのが不思議だ。「戦争」という地獄を何ひとつイメージできない、戦争関連本を1冊も読んでなさそうな愚か者だ。何なんだろう? この世界は。どうして、皆、賢くなれないのか。

 いくら賢くあろうとしても、日々の憂さが晴れないのは誰しも。こんな時こそ「名画」を見るに限る。昨今の映画館にはロクなものがない。無味無臭なモノだらけ。秋の夜長、仕事も何もかも忘れてゆっくり楽しめるのはやっぱり過去の名作。前にも書いたが、また書いとくよ。

 まずは「夜の大捜査線」あたりからか。黒人S・ポワチエが主演賞。南部の暑苦しく眠れない夜に起きる事件もの。レイ・チャールズの主題歌がたまらない。刑事モノ続きで、S・マックイーンの「ブリット」もご機嫌だ。ド迫力のカーチェイスで悪党を追いつめる。あおり運転だと? ちゃちゃ入れるとぶっ飛ばされるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る