「ニッポン無責任時代」ヘラヘラ笑う異端児に憧れた時代

公開日: 更新日:

1962年 古澤憲吾監督

 クレージーキャッツのヒットシリーズの第1作。60歳以上の人なら2、3回は見たことがあるだろう。

 植木等が演じる失業中の男・平均(たいらひとし)は夜のバーで太平洋酒という企業が乗っ取りの危機だと知る。翌日、政界の大物の弟子を装って同社の氏家社長(ハナ肇)に接近し、総務部に採用される。任務は大株主の富山(松村達雄)を、株を売らないよう説得することだ。平は交渉に成功するが、富山が乗っ取りの実行役の黒田(田崎潤)に寝返って株を譲渡したため、あえなくクビに。そこで平は昨日まで敵だった黒田に取り込み、黒田が経営権を握った太平洋酒に渉外部長として返り咲くのだった。

 競馬の失敗で無職になった男が鮮やかな弁舌であれよあれよと出世する話。クビになっても復活し、ホステスやOLにモテモテ。「ボクが嫌いなのは人頼みとお節介女さ」と彼女たちの誘惑を振り切り、頼まれてもいないのに社長の座を追われた氏家をカムバックさせるべく詐欺まがいの裏工作を敢行する。お色気作戦で石狩社長(由利徹)をたぶらかすあたりがいかにもクレージー映画らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る