「女系家族」3姉妹の遺産相続争いに妊婦の愛人が加わり…

公開日: 更新日:

1963年 三隅研次監督

 遺産相続で揉める3姉妹の愛憎を描く。

 大阪・船場の老舗「矢島商店」の当主・嘉蔵が死去した。嘉蔵には藤代(京マチ子)、千寿(鳳八千代)、雛子(高田美和)の3姉妹がいる。遺産配分をめぐる親族会議が開かれ、嘉蔵の遺言で藤代は長屋の土地を、千寿は店の経営権を、雛子は骨董品と株券を相続することに。

 これに難色を示したのが藤代。長女なのに取り分が少ないと言い出し、姉妹の対立が始まる。藤代は踊りの師匠・梅村(田宮二郎)に頼んで土地を鑑定。共有財産の山林を視察し、番頭の宇市(中村鴈治郎)が勝手に森林を伐採しているとの疑いを抱く。

 娘3人がいがみ合う中、嘉蔵が密かに囲っていた文乃(若尾文子)が登場。彼女が嘉蔵の子を身ごもっていると知り、姉妹は動揺するのだった……。

 藤代は梅村、千寿は夫、雛子は叔母の芳子(浪花千栄子)とそれぞれが黒幕を抱え、入れ知恵されている。美人姉妹が罵り合っているところに妊婦が現れ、宇市の背任行為も加わって憎悪が広がっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る