「遥かなる山の呼び声」去って行く男とすがりつく女の物語

公開日: 更新日:

1980年 山田洋次監督

 ふらりと現れたガンマンが悪党を退治する映画「シェーン」。本作はその主題曲「遥かなる山の呼び声」をタイトルにした。「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)に続く山田洋次監督と高倉健、倍賞千恵子の作品である。

 民子(倍賞)は北海道中標津で幼い息子・武志(吉岡秀隆)を育てながら酪農を営む未亡人。嵐の夜、田島(高倉)という男が現れ、一夜の宿を求める。翌朝、田島は立ち去るがすぐに舞い戻り、ここで働かせて欲しいと申し出る。男手が欲しい民子は彼を納屋に住まわせる。田島は懸命に働き、武志は父親のようになつくが、民子は警戒心を解こうとしない。その民子に横恋慕する虻田(ハナ肇)は関係を迫ろうとして田島に撃退される。虻田は仕返しにくるが返り討ちにあい、田島を「兄貴」と慕うことに。

 こうして田島は村に溶け込むが、自分の過去を語らない。やがて草競馬が開催され、田島は民子の馬で優勝。虻田と民子が大喜びする会場に刑事が現れるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る