「地獄の黙示録」ウィラードは1945年のマッカーサーか

公開日: 更新日:

1979年 フランシス・フォード・コッポラ監督

 カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。原案はJ・コンラッドの小説「闇の奥」だ。

 1969年夏、ウィラード大尉(マーティン・シーン)は情報司令部に呼ばれ、元作戦将校カーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺を命じられる。カーツは歴戦の英雄だが、ジャングルの奥地に潜入して消息を絶ち、今は現地の部族を支配しているという。ウィラードは哨戒艇で川を上り、カーツの王国を目指すのだった。

 ウィラードの独白に「欺瞞(ぎまん)」という言葉が何度も出てくる。ベトナム戦争を欺瞞と感じた大佐を同じ考えの大尉が殺しに行く皮肉な暗殺話。米国はこの侵略戦争を聖戦としたが、実は「ウソで固めたベトナム戦争」だった。

 これまで幾多の研究リポートが発表された。カーツの名は原作の「クルツ」の英語読みで、「ワルキューレの騎行」はヒトラーが好んだワーグナーの曲。M・ブランドが破格の出演料を要求しながらセリフを覚えず肥満体だったため、苦肉の策で結末を書き換えた。コッポラは200時間分の映像を撮り、編集で悩んで自殺も考えたといった話が伝わっている。立花隆の「解読『地獄の黙示録』」という本もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る