「SF核戦争後の未来・スレッズ」人間がネズミを食べて…

公開日: 更新日:

1984年 ミック・ジャクソン監督

 演劇評論家の山田勝仁氏に「すごいドラマだよ」と薦められて観賞した。核による世界戦争を描いたテレビドラマ。英国の公共放送BBCが物理学、医学、心理学などさまざまな分野の権威50人の協力を得て製作した。核戦争の映画といえば、邦画では「世界大戦争」(1961年)があり、日本が灰燼(かいじん)に帰す場面で終わった。一方、本作は核攻撃後の人間の苦しみが衝撃的だ。

 198X年、ソ連軍がイランに侵攻して米ソの対立が深刻化する。そんな中、英国の中規模都市に住むルース(カレン・ミーガー)は妊娠し、恋人とのデキ婚を決めるが、間もなくソ連の核ミサイルが飛来。一瞬で平穏な暮らしを奪われるのだった……。

 ひと言で表すと“汚いドラマ”だ。核爆発後、人々は赤痢やチフスに苦しみ、ゲロを吐き、失禁する。人間の黒焦げ死体にはウジが湧き、女性は頭皮の焼け焦げた赤ん坊を抱いて睨みつける。「食べ物をくれ」と押しかけた群衆を当局はガス弾で水平撃ち。食料どころか、飲み水もない。わずかな食料を盗むとその場で射殺。ネズミが大量に発生し、人間の死体に群がる。その結果、人々はネズミの死骸を食べて生き延びる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る