「なつぞら」は終盤のストーリー展開息切れが残念だった

公開日: 更新日:

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」(総合午前8時)は、9月28日が最終話だが、「長かったぁ」という声が多い。半年間、全156話はこれまでと同じだが、8月半ばあたりから飽きちゃったというのである。

「なつぞら」はだいたい3つのパートに分かれていた。戦災孤児のヒロインが北海道十勝の牧場で育てられる少女・青春編、アニメーターを目指す奮闘編、結婚して子供ができても仕事を頑張る母親編だ。

 前半は北海道の美しい自然や開拓の苦労、戦後の新宿の猥雑さがテンポよく描かれていたのだが、アニメ制作がストーリーの中心になってからは、同じような話の繰り返しが目立つようになった。

 作品をめぐってスタッフたちが対立し、そのたびにスッタモンダして、でも最後は力を合わせて完成にこぎつけ、ご苦労さまでしたという展開だ。対立の原因は物語の流れだったり、キャラクターデザインだったりと、いつも違うのだが、見ている方は、同じ顔ぶれが同じようなことを言い争っているような印象しかない。飽きて当然である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る