視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

公開日: 更新日:

 反日騒ぎがネタ切れになったら、次はイケメンの大統領側近疑惑と、ワイドショーは相変わらず韓国いじりに忙しい。朝ワイドのスタッフは、「そこそこ数字がいいんですよ」と言うが、同じ時間帯のNHK「あさイチ」(午前8時15分)の視聴率が下がったとは聞かないから、実際はそれほどアップしているわけではないのだろう。

 いま主婦たちの関心があるのは、同じ韓国ものでも、「嫌韓」や「反日」ではなく、今週から来週が最終話の韓流リメークドラマの結末である。この夏クールには、韓国ドラマの日本版が3本もあって、なかなか好評なのだ。

 テレビ朝日系「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(木曜午後9時)は韓国SBS、日本テレビ系「ボイス 110緊急指令室」(土曜午後10時)は韓国のケーブル・衛星放送のドラマのリメークで、いずれも平均視聴率2ケタと健闘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る