「黒い牡牛」観客は赤狩りの米国民 牛はトランボ自身か

公開日: 更新日:

1956年 アービング・ラパー監督

 先日DVDが発売された。原案者の「ロバート・リッチ」はダルトン・トランボの別名。米国共産党に関係した「ハリウッド・テン」の一人として職を奪われたトランボが変名で書いた作品だ。アカデミー原案賞を受賞したが、彼は授賞式に出席できなかった。

 メキシコの農家の少年レオナルド(マイケル・レイ)は倒木の下敷きになった母牛が産んだ子牛を「ヒタノ」と名づけて弟のように可愛がる。ヒタノは牧場主アルファンドロの烙印(らくいん)を押されるが、レオナルドは彼に手紙を出して自分の牛だと主張、所有を許される。

 ところがアルファンドロがカーレースで死亡。ヒタノは財産処分で売られ、メキシコシティーの闘牛場に送られてしまう。レオナルドはトラックの荷台に忍び込んで同行し、ヒタノの命を救うべく大統領に嘆願するのだった……。

 母を亡くした少年が巡り合った子牛に愛情を注ぐ。闘牛として売られるやヒタノを逃がすために山中で野宿。オオヤマネコに襲われるが、ヒタノは傷つきながら撃退、レオナルドを守る。人間と動物の友情の物語だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る