米倉涼子が公表「低髄液圧症候群」は意外に厄介な病気

公開日: 更新日:

 女優の米倉涼子(44)が7日、新ドラマ「ドクターX」の記者会見で自身の病歴を公表し話題になった。

 米倉は「低髄液圧症候群」だとし、「まっすぐ歩けなくなったり、2週間安静にしないといけなくてどうしようかと思った」そうだが、ドラマを監修している脳外科の先生に処置してもらってミュージカルの舞台にも立てるようになったという。

 しかし医療ジャーナリストの石塚集氏は、この病気は診断や治療が難しいとこう続ける。

「今回の米倉さんの報道を見ると、米倉さんは低髄液圧症候群の診断をされたとあります。頭蓋内、脊柱管内には髄液(ずいえき)といわれる液体があるのですが、この髄液が何かしらの理由で漏れたり、少なくなってしまうと、頭痛や頸部痛、めまい、耳鳴り、倦怠感などのさまざまな症状を引き起こすことで知られています。原因の解明や診断が難しく、交通事故の場合には保険の論点になることもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る