ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

公開日: 更新日:

「視聴率が判明した瞬間、日本代表チームのジャージーを着た福田博之取締役執行役員(編成局・情報・制作局・スポーツ局担当)は小さな体をピョンピョンとジャンプさせ、満面の笑みで編成部員らと肩をたたき合って喜んでいた。小杉善信社長もかけつけ皆の健闘を称えあったんです。正直、サモア戦がここまでの数字を取るとは誰も想像はしていなかったからです」(編成局幹部)

 日本テレビが大ばくちに勝利した瞬間だった。注目のラグビーワールドカップ(W杯)日本×サモア戦の世帯平均視聴率が32・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ=以下同)を記録したのだ。

「W杯開幕戦となった対ロシア戦は18・3%。同じ時間帯で視聴率は約1・5倍に跳ね上がったことになる。NHKが中継した第2戦のアイルランド戦は前半視聴率15・3%、後半が22・5%。平均は約19%。こうした分析からまさかサモア戦が30%超えになるとは誰も予想していなかったんです」(宣伝部幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る