「十三人の刺客」続く残酷描写 長すぎる35分間の斬り合い

公開日: 更新日:

2010年 三池崇史監督

 1963年の工藤栄一版をリメーク。稲垣吾郎目当てで封切りを見に行き、グロな残酷描写に絶句した女性もいた。

 江戸時代後期。将軍の異母弟である明石藩主・松平斉韶(なりつぐ=稲垣)は残虐行為を繰り返していた。家老が老中に直訴して切腹するや、その妻子を弓矢で殺して楽しむ始末。

 老中土井大炊頭(平幹二朗)は事態を憂慮し、目付の島田新左衛門(役所広司)に斉韶の暗殺を命令。新左衛門は腕利きの男たちを従えて中山道落合宿で斉韶の一行を待ち伏せする。一方、斉韶の用人・鬼頭半兵衛(市村正親)は新左衛門の企てを察知し、主君を守ろうとするのだった。

 実話を脚色している。斉韶の養子の斉宣(なりこと)が参勤交代の行列を横切った3歳の幼女を咎(とが)め、助命願いを無視して斬首した話がベースだ。

 映画の前半は三池監督らしい残酷描写が続く。斉韶は武家の妻を強姦し、夫の死体を切り刻む。百姓一揆の首謀者の娘は手足と舌を切って慰み者に。残酷趣味のために生まれてきた日本版ヒトラー。たった一人の狂人によって人々が虐殺され、争いが起きるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る