沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

公開日: 更新日:

■「怒るのは当然」

 出演者もスタッフも、内心、憤懣やるかたない思いであることは間違いなく、座長である長谷川の胸中は察するにあまりある。

 長谷川はクランクインに先立つ5月、滋賀県大津市坂本にある明智光秀の菩提寺・西教寺を訪れ、明智一族や光秀の妻・煕子の墓参り。6月に行われた会見では「チーム一丸となって頑張っていきたい。期待していただいて構いません。すごいものを見せられると自信を持って言える。見せます!」と決意をみなぎらせていた。放送中の大河「いだてん」の視聴率が苦戦する中、局の期待を一身に背負い、撮影に挑んでいた。芸能ジャーナリストの城下尊之氏はこう話す。

「怒るのは当然でしょう。大河ドラマといえば、主演クラスは2年前からキャスティングが始まります。役作りから何から、出演者の入れ込み具合も非常に高い。撮影が始まると、大河は民放のドラマに比べると拘束も非常に長い。その上NHKなのでギャラは安く、通常の半分以下です。しかし役者にとっては大河に出演することはステータスなので引き受けるんです。しかし今回のように撮り直しとなると、そうして苦労して作りあげたものがすべて水の泡となってしまう。その上、撮り直しのギャラは丸々1本分出ることはないでしょうから、まさに踏んだり蹴ったりです」

 ひとりの女優の身勝手な行動が与えた影響は、計り知れないほど大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    “復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

  6. 6

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  7. 7

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  8. 8

    “金属後遺症”誠也の「アウトサイドイン」を直した練習法

  9. 9

    “東出不倫”で「スカーレット」八郎と三津の関係に批判噴出

  10. 10

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る