夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

公開日: 更新日:

■ブレーク後も小さなアパート暮らし

 大ブレークを果たし、芸能の仕事に専念した後も、彼女の基本的な生活スタイルは一切、変わらなかったという。

「三軒茶屋の前は東武東上線沿線の路地の入り組んだ下町情緒たっぷりの街に住んでいたこともありました。しかもコーポタイプのアパートの小さな部屋。芸能人オーラは完全に消し、地元の商店街に買い物に出かけていましたが、一般人としての当たり前の生活感覚を彼女はずっと大切にしてきました。それは今でも全く変わりません」(前出・芸能事務所関係者)

 そういえば、清野氏からプロポーズを受けたのも、「三軒茶屋の西友に買い物に行って、帰り道に自転車置き場でそんな話になったっていう記憶があります」と、語っていた壇蜜。一方の清野氏は11月30日、自身のツイッターで婚姻届を書き間違え、苗字が壇蜜の苗字「齋藤」になっていることに気付き、早急に戸籍訂正申立てをすることを明かしているが、こんなポンコツエピソードが出るたびに、読者はなんとなくホッコリし、壇蜜もほほ笑むのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る