夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

公開日: 更新日:

「清野氏は赤羽に特化した地域密着型の漫画家で、漫画ファンの中でもマニアックな作家として知られています。恐らく印税収入だけでも1000万円は下らないと思いますが、壇蜜さんの収入には遠く及ばないでしょう。壇蜜さんはテレビやラジオのレギュラーに加え、CMも数社と専属契約を結んでいます。副業の投資や駐車場経営も加えると推定年収は1億円に近いと言われています。経済的には超がつくほどの格差婚になりそうです」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■年収差は10倍?

 2人の結婚のおかげで突如注目を浴びることになった赤羽商店街では、結婚を祝福する横断幕が掲げられた。そこには「祝 壇蜜さん」の大きな文字の後に小さな字で「漫画家 清野とおるさん」と、書かれていた。これにはさすがの清野氏も、「ほかの街や他の媒体ならともかく、せめて『赤羽』くらいは俺の名を先に配置しておくれよ……!」 と、冗談めかして泣きを入れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  7. 7

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る