井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

年末に“偽マイクロソフト”のとんだネット詐欺に遭いかけた

公開日: 更新日:

 いやはや、年末のクソ忙しい時に絶句だ。アベ内閣が税金で桜を見て焼き鳥を食わせたまま、何の説明もしないで国会を閉じたことじゃない。冷戦から30年経った旧ソ連キルギスやウクライナの田舎に、ウラン鉱石の残りかすが広大なボタ山のまま放置されていることでもない。

 許しがたいことが起きた。買い替えたばかりのパソコンで、脚本の改訂作業中に突然、マイクロソフト社のWindowsページが現れ“何だこりゃ”と思ってると、キーボード操作が全く利かなくなった。

「不審なアクティビティの為、Windowsがブロックされました」

 と。「為」が漢字で書かれてる。何か変な文句だがさらに読むと、

「コンピュータをシャットダウンもしくは再起動しないで下さい」

 と。ここはコンピュータ「ー」と伸ばすところだ。ますます怪しくなったが、小文字で、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る