井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

年末に“偽マイクロソフト”のとんだネット詐欺に遭いかけた

公開日: 更新日:

 いやはや、年末のクソ忙しい時に絶句だ。アベ内閣が税金で桜を見て焼き鳥を食わせたまま、何の説明もしないで国会を閉じたことじゃない。冷戦から30年経った旧ソ連キルギスやウクライナの田舎に、ウラン鉱石の残りかすが広大なボタ山のまま放置されていることでもない。

 許しがたいことが起きた。買い替えたばかりのパソコンで、脚本の改訂作業中に突然、マイクロソフト社のWindowsページが現れ“何だこりゃ”と思ってると、キーボード操作が全く利かなくなった。

「不審なアクティビティの為、Windowsがブロックされました」

 と。「為」が漢字で書かれてる。何か変な文句だがさらに読むと、

「コンピュータをシャットダウンもしくは再起動しないで下さい」

 と。ここはコンピュータ「ー」と伸ばすところだ。ますます怪しくなったが、小文字で、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る