井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

動画配信用映画「アイリッシュマン」先行上映を観に行った

公開日: 更新日:

 映画館に行くカネと暇のない者には、ネットの動画配信で映画を見るのが当たり前になってしまっている。世界最大手のNetflixやAmazonプライム……中国のテンセントビデオというのは1億人の有料会員を集めているとか。

 映画屋から言わせてもらうが、ユーザーたちはよくもパソコンやテレビのあの小さな画面で満足できるものだ。不思議でならない。映画館のスクリーン(昔は銀色なので銀幕といったが)の大きさと比べようもないが、それらは百数十分の一、数百分の一しかない圧縮画面だ。映し出される人物の姿や表情、モノの様態も百数十分の一以下しか伝わらないのは当然だし、感動のかけらも伝わらない。まあ、安い定額料金で見放題だから、感無量もヘチマもどうでもいいのだろうが、作り手からしてみたら、何か物足りない気がする。

 電車内でスマホでドラマを見るのも気が知れない。演者たちがどんな食いどころで、どんなものを食いながら話してるのか分からない。カレーライスなのかハヤシライスか、プリンかババロアかが分からない。でも、そんなことはどうでもいいらしい。演者の上着の生地も柄も見えなくていい。何を話しながら喜んでるのか、怒ってるのか、泣いてるのか、意味が解読できればいいのだ。だから、ネットドラマなど安い作りの浅い中身で十分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  7. 7

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

  10. 10

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

もっと見る