井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

選挙に勝ったことを喜びたいなら自分のカネで喜びやがれ

公開日: 更新日:

 おいこら、内閣府よ!税金を食いものにしてとはこのことだ。何が「桜を見る会」はもうやめた、だ。自分たちの支援者だけ何千人も優遇して集めて、糾弾されたらもうやめか。ひどい話だ。いや、しっかり選挙法違反だろうが。なのに、マスコミも誰も騒ぎだけで幕を引くのか。官房のヤツらめ、何がお茶菓子を振る舞っただけだ。ふざけやがって。地元山口県の下関の市長(元・安倍首相秘書)ものうのうと答えていた。

「何十年も応援した人がトップを取って、招待状がきて良かったなって。いいじゃないですか」だと。何がトップを取って、焼き鳥がちょろっとで酒は飲み放題じゃないですよだ、バカモンが。オレらの税金だぞ。「この国は民主主義です、選挙に勝ってきて総理が主催して多くの方に喜んでもらうって悪いんですか」だと。国民をなめている。喜びたいなら自分のカネで喜びやがれ。桜を見たおまえらサクラ客たちで、5500万円か、その飲み食い代と警備費を、国に全部返してからモノを言え。当の首相も国民にロクな言い訳もしないし、謝りもしないうち、やれ、エリカの逮捕だローマ教皇訪日で的がボヤケてしまった。衆愚政治もいいとこだ。ほんとにいい加減な政府だ。この後、ケツの穴の周りに糞(くそ)をつけたまま師走に入るのか。正月が明けたらハイそれまでか。おい、野党たち、情けないぞ。誰か出てこい。彗星のごとく誰かカッコいい政治家が現れないものか。で、「核兵器は所有するだけで倫理に違反」というバチカンの教皇と、核禁止条約に署名もしないでアメリカの手前、トボケているうちの首相は何を話したんだろう。ちぐはぐな片側通行の会話に終わっただけだろ。首相は「私たちはこれからも核兵器国と非核兵器国の橋渡しに努め、双方の協力を得ながら対話を促す努力において決して倦(う)むことはない」って、どの国と国の橋渡しだか、何を言っているのか回りくどい日本語でごまかしただけだ。教皇も呆れてたんじゃないかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る