C・イーストウッド監督 最新作で描く“今ここにある危機”

公開日: 更新日:

 クリント・イーストウッド(89)の監督40作目となる新作「リチャード・ジュエル」が、いまの日本には実にタイムリーだと話題である。

 舞台は1996年のアトランタ五輪。実際にあった爆弾事件で、爆弾を発見し多くの人命を救った英雄でありながら、容疑者と報じられ、追い詰められていく警備員リチャード・ジュエルを描いた。地元地方紙の女性記者がFBIが調べているとのネタをつかみ、一般論として第一発見者が犯人である可能性があると報じた飛ばし記事によって、全国民が敵になり、人生をメチャクチャにされてしまうのだ。

 イーストウッドは「プロダクション・ノート」でこんなコメントをしている。

「私がこの主人公に興味を持ったのは、彼がどこにでもいる、ごく普通の良い人間だからだ。警官になりたいと願い、人々がよりよい生活を送れるよう献身的に働いて、英雄的な行動をとったことで、こともあろうに、とんでもない被害に遭う。世の中に見捨てられ、全国民が敵になってしまうんだ。そこから逃れる力は何もなかった。24年前の事件だけど、今の時代にも十分起こりうる、伝える必要があると思ったんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る