C・イーストウッド監督 最新作で描く“今ここにある危機”

公開日: 更新日:

 クリント・イーストウッド(89)の監督40作目となる新作「リチャード・ジュエル」が、いまの日本には実にタイムリーだと話題である。

 舞台は1996年のアトランタ五輪。実際にあった爆弾事件で、爆弾を発見し多くの人命を救った英雄でありながら、容疑者と報じられ、追い詰められていく警備員リチャード・ジュエルを描いた。地元地方紙の女性記者がFBIが調べているとのネタをつかみ、一般論として第一発見者が犯人である可能性があると報じた飛ばし記事によって、全国民が敵になり、人生をメチャクチャにされてしまうのだ。

 イーストウッドは「プロダクション・ノート」でこんなコメントをしている。

「私がこの主人公に興味を持ったのは、彼がどこにでもいる、ごく普通の良い人間だからだ。警官になりたいと願い、人々がよりよい生活を送れるよう献身的に働いて、英雄的な行動をとったことで、こともあろうに、とんでもない被害に遭う。世の中に見捨てられ、全国民が敵になってしまうんだ。そこから逃れる力は何もなかった。24年前の事件だけど、今の時代にも十分起こりうる、伝える必要があると思ったんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る