「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

公開日: 更新日:

 今年も1月の歌舞伎興行は東京で4座、大阪で1座と、ファンとしては忙しい。

 歌舞伎座は「醍醐の花見」で始まり、新橋演舞場の最初の演目「金閣寺」にも桜が出てくるし、浅草も「花の蘭平」という桜の出る演目で始まる。まだ桜の時期ではないのに、3劇場とも「桜を見る会」となり、偶然にも政権への皮肉となっている。

 新橋演舞場は團十郎襲名を5月に控える海老蔵の、「海老蔵」として最後の本公演で、古典3作、新作2作のうち4作に出演。昼の部では「NINJA KABUKI」と銘打った、秋元康作・演出の新作「雪蛍恋乃滝」が注目されていた。初日に見たが、場内は戸惑いというか、しらけきっていた。絵として美しいシーンはあったが、ストーリーがどうしようもない。つまらない以前で、ドラマがないのだ。最初に堀越勸玄が登場し、少年忍者として立ち回りを見せ、これは見事。だがこの少年が、海老蔵扮する忍者の少年時代なのか、子どもなのか、何なのか、劇中では何の説明もない。ただ出てきただけ。このように思わせぶりなシーンが次から次に出てくるだけで、ドラマがない。忍者にお姫様が一目惚れする設定だが、忍びの者が素顔をさらすだろうか。一にも二にも台本がひどい。外国人向きと考えているらしいが、外国人だって、つまらないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る