「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

公開日: 更新日:

 今年も1月の歌舞伎興行は東京で4座、大阪で1座と、ファンとしては忙しい。

 歌舞伎座は「醍醐の花見」で始まり、新橋演舞場の最初の演目「金閣寺」にも桜が出てくるし、浅草も「花の蘭平」という桜の出る演目で始まる。まだ桜の時期ではないのに、3劇場とも「桜を見る会」となり、偶然にも政権への皮肉となっている。

 新橋演舞場は團十郎襲名を5月に控える海老蔵の、「海老蔵」として最後の本公演で、古典3作、新作2作のうち4作に出演。昼の部では「NINJA KABUKI」と銘打った、秋元康作・演出の新作「雪蛍恋乃滝」が注目されていた。初日に見たが、場内は戸惑いというか、しらけきっていた。絵として美しいシーンはあったが、ストーリーがどうしようもない。つまらない以前で、ドラマがないのだ。最初に堀越勸玄が登場し、少年忍者として立ち回りを見せ、これは見事。だがこの少年が、海老蔵扮する忍者の少年時代なのか、子どもなのか、何なのか、劇中では何の説明もない。ただ出てきただけ。このように思わせぶりなシーンが次から次に出てくるだけで、ドラマがない。忍者にお姫様が一目惚れする設定だが、忍びの者が素顔をさらすだろうか。一にも二にも台本がひどい。外国人向きと考えているらしいが、外国人だって、つまらないだろう。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  2. 2
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 3
    苦労人の巨人元ドラ1堀田賢慎「5年目の覚醒」はなぜ起きた...背後にいる5人の重要人物

    苦労人の巨人元ドラ1堀田賢慎「5年目の覚醒」はなぜ起きた...背後にいる5人の重要人物

  4. 4
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  5. 5
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  1. 6
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 7
    ドジャース大谷が「12億円豪邸」を購入したワケは? 通勤や将来の子育てに最適の声も

    ドジャース大谷が「12億円豪邸」を購入したワケは? 通勤や将来の子育てに最適の声も

  3. 8
    仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

    仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    高橋一生を落とした森川葵 「公開告白」の意外なメリット

    高橋一生を落とした森川葵 「公開告白」の意外なメリット