市川海老蔵ウハウハ?出資先のベンチャー企業が12月に上場

公開日: 更新日:

 芸能人やスポーツ選手の中には、飲食店などの副業を始めるケースが少なくないが、昨今はベンチャー企業に投資する例が増えている。

 最近話題になっているのが歌舞伎俳優、市川海老蔵(本名・堀越寶世)のケースだ。海老蔵は個人でインターネット上のクラウドファンディング(幅広く一般から資金を調達し、事業や社会活動などあらゆるプロジェクトを実施すること)を行うベンチャー企業、マクアケ(Makuake)の第三者割当増資に、2017年9月、100株4100万円ほど投資。現在、海老蔵の所有株式数は20万株、株主名簿には第6位の大株主として記載されている。ちなみに、プロサッカー選手の本田圭佑が組成した投資ファンドもマクアケに投資し、第2位の大株主になっている。

「海老蔵さんはご自身がプロジェクションマッピングを使った『源氏物語』の公演プロジェクトの資金集めにマクアケを利用したつながりもあると思いますが、コネのない一般人がおいそれと有望なベンチャー企業に投資できるわけではありません」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る