市川海老蔵ウハウハ?出資先のベンチャー企業が12月に上場

公開日: 更新日:

 芸能人やスポーツ選手の中には、飲食店などの副業を始めるケースが少なくないが、昨今はベンチャー企業に投資する例が増えている。

 最近話題になっているのが歌舞伎俳優、市川海老蔵(本名・堀越寶世)のケースだ。海老蔵は個人でインターネット上のクラウドファンディング(幅広く一般から資金を調達し、事業や社会活動などあらゆるプロジェクトを実施すること)を行うベンチャー企業、マクアケ(Makuake)の第三者割当増資に、2017年9月、100株4100万円ほど投資。現在、海老蔵の所有株式数は20万株、株主名簿には第6位の大株主として記載されている。ちなみに、プロサッカー選手の本田圭佑が組成した投資ファンドもマクアケに投資し、第2位の大株主になっている。

「海老蔵さんはご自身がプロジェクションマッピングを使った『源氏物語』の公演プロジェクトの資金集めにマクアケを利用したつながりもあると思いますが、コネのない一般人がおいそれと有望なベンチャー企業に投資できるわけではありません」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る