小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

息子とのスター・ウォーズ鑑賞で死の表現について考える

公開日: 更新日:

 いつの間にか成人式もとっくに過ぎて1月もはや下旬。思いのほか仕事のペースも緩やかで、身内からは「大丈夫なのか?」と囁かれていますが、今週からは鈴木おさむさん脚本のオムニバスドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の放送や、まだ情報公開前ですが1月期ドラマのゲスト出演、4月期レギュラードラマの撮影や別ドラマの衣装合わせ、アニメの声優、そして時々バラエティー等々……。今年も地道に頑張ってまいります(頑張らせてください)、小手伸也です!

 そんな中、少し時間があったので、念願の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を家族で鑑賞しに行ってきました。実は子供のころ、父親とはじめて見に行った洋画が「スター・ウォーズ」の1作目(いまでいうEP4)で、そのシリーズ最終章を自分の息子と見るというのは個人的に非常に感慨深いものがありました。

 ♪ダーンダーンダーンダーダダンダーダダンといつの間にか耳コピしたダース・ベイダーのテーマを口ずさむ幼い息子(最近ようやく映画を見続ける程度の集中力が身についた)が、喜んでくれたかどうかはさておき(途中で寝てた)、僕としては一緒に見たという事実だけでおおむね満足です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る