鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

公開日: 更新日:

 芸能界は杏(33)の夫で俳優の東出昌大(32)の不倫発覚で大騒ぎの中、今度は不倫の匂いなどみじんも感じさせない鈴木杏樹がマサカの当事者になってしまった。本人を知る芸能関係者はこう言う。

「杏樹さんは医師だったご主人を2013年に亡くして以降も、身持ちが堅く、浮いた話は皆無だった。もちろん、あれだけの美女ですから大手広告代理店幹部やテレビ局幹部やら、たくさんの男たちからアプローチされていましたが、まったくなびかなかった。彼女の住んでいるマンションは亡き夫と暮らしたところで、いまだに亡き夫の名義を変えず、貞操を守っているような印象がありました。有閑マダムというか、薄幸の未亡人というか。とにかく清楚で美しく、そして賢い上に人柄も素晴らしい。そんな高根の花を一体だれが落とすのか注目していたのですが、まさか不倫とは」

「やはり寂しかったのではないでしょうか」と、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る