不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

公開日: 更新日:

 故ジャニー喜多川社長の遺志を継ぎ、タレントの育成やマネジメントを行う滝沢秀明副社長(37)の手腕が話題だ。

 ジャニーズJrの4人組グループ「MADE」の解散、および同グループのメンバー秋山大河(28)退所の同時発表は滝沢氏の判断とされ、一部ファンからは「冷酷」との声も上がっている。

 秋山は昨年12月、松田聖子の長女で女優の神田沙也加(33)の不倫相手と報じられており、そうしたスキャンダルは許さないという一罰百戒を狙った事実上の解雇処分ともっぱらなのである。

 ジャニーズ担当の長い芸能記者は言う。

「沙也加との不倫報道の際、これをジャニーズが否定しなかったのが印象的でした。どうしてだろうと不思議でしたが、今回の発表を受けて、そういうことだったのかと分かった気がします。不倫スキャンダルもそうですけど、その前に、『MADE』にはファンがついていなかった。どの世代であれ、ひとりでもスターをつくりだせば10年は持つというジャニーズイズムのなか、タッキーは自分が面倒を見ているジュニア全員が売れるようにと頑張ってしまう。『MADE』は彼がつくったのではなく、ジャニーさんから引き継いだグループですが、12年間、育てようと腐心したと思う。それでも売れなかった。期待に報いることができなかったのですから、4人とも決定に納得していると思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  7. 7

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

もっと見る